賃貸だからこそ、長期優良住宅にしたい!

長期優良住宅とは、これまでの主流だった「古くなったら建て替える」という住まいのスタイルではなく、住宅の寿命を延ばすことで解体による環境負荷を減らし、数十年経っても資産価値を高めていく住まいのことです。

※ casitaの長期優良住宅仕様への対応には、寒冷地及び一部の地域において建築費が異なる場合がございます。
詳細につきましては、弊社営業スタッフへ必ずご確認ください。

01

ランニングコストが安く済む!

長期優良住宅は気密性・断熱性が高く、冷暖房のランニングコストが安く済みます。

02

地震に強く、安心して永く住める家

長期優良住宅は震度6強の大地震の1.25倍の地震でも壊れないレベル。永く安心して住める家です。

03

リフォームの時にも、費用が安く済みます

長期優良住宅は可変性が高くリフォームもしやすく作られているので、将来の変化にも柔軟に対応できます。

04

様々な税制優遇があります

一定の要件を満たせば、固定資産税や登記代が安く済み、税金面でも安心な家です。

長期優良住宅の9つの認定基準

  1. 劣化対策/数世代に渡り長く住むことが可能な家であること
  2. 耐震性/地震に強い家であること
  3. 維持管理・更新の容易性/メンテナンスが容易であること
  4. 省エネルギー性/省エネに配慮した家であること
  5. 居住環境/優良な住居水準を確保するために必要な基準規模を有すること
  6. 住戸面積/優良な景観の成形その他の地域における住居環境の維持及び向上に配慮されたものであること
  7. 維持保全計画/数建設時から将来を見据えて、定期的な点検・補修等に関する計画が策定されていること
  8. 可変性/居住者のライフスタイルの変化等に応じて間取りの変更が可能な措置が講じられていること
  9. バリアフリー感/将来のバリアフリー改修に対応できるよう共用廊下等に必要なスペースが確保されていること

※プランや建築地域により、認定基準に適合できない場合があります。また、適合のため一部仕様を変更(オプション)する場合があります。
※認定申請をする場合は別途諸経費が発生いたします。