社長メッセージ

鈴木工務店ってどんな会社

当社は昭和33年の創業以来、『繁栄のおてつだい』という経営理念の下、お客様に『幸せの拠りどころ』となる素敵な建物を提供しようという一貫して変わらぬ熱い想い(不易)と、工法の革新に留まらず、品質・環境・安全面での国際標準化や、内部統制システムの構築といった時代のニーズに対応した革新(流行)を推進してまいりました。

仕事で大切にしていること(こころがけていることやこだわり)

建設業は地域密着性の強い産業であり、建てた後にも長く親子何代にもわたりお使いいただく中で初めて評価していただき、ご信頼をいただけるとの強い信念のもとに、企画・設計から施工・アフターサービスまでの一貫責任体制を敷いてまいりました。

今後のビジョン

おかげさまでお客様や地域社会の皆様のご愛顧・ご支援を賜り、平成5年には株式を店頭登録し(現大阪証券取引所JASDAQ市場)、建設会社としては県内唯一の上場企業として発展。平成19年には社名を(株)AS-SZKi(エイエス-スズキ)に変更し、アパマンショップグループの下で、アセットマネジメント事業を付加して事業の拡大を図ってまいりましたが、平成23年4月に株式市場から撤退し、同年7月1日に、再び「株式会社鈴木工務店」としてアパマンショップグループから分離独立し、建設事業と不動産開発事業を中心とした、これまで以上に地域密着体制で、地域社会の皆様方のより一段のお役立を目指した企業づくりに精進を重ねてまいる所存でございます。

お客様の想いを実現するために

これからも創業時からの『繁栄のおてつだい』への変らぬ熱い想いとたゆまぬ革新をモットーに、単なる法令遵守に留まらず、社会のルール・マナーを尊び、お客様や広く地域社会からも愛される企業づくりに邁進してまいります。引き続き皆様からのご愛顧を賜りますよう、宜しくお願い申し上げます。

株式会社鈴木工務店
代表取締役社長
千葉愼二